心と体においしい!酵母から手造りの天然酵母パンを通販で!

天然酵母パン屋さんお店のご案内お買い物に関して ご意見・ご質問

民間療法

「ビワの葉療法」とは?

「ビワ」は誰もが目にする身近な果物ですが、その葉は古くから健康に良いとされ、手軽な家庭療法として親しまれてきました。

1.はじめに

ビワ

「びわの葉温熱療法」は、びわの葉療法と温灸療法を合わせた療法で、両者の相乗効果により、私たち人間の持っている自然治癒力(生命力)を高めて病気を治すという最高にすばらしい家庭療法です。昭和の初めに札幌鉄道病院の福島鐵雄博士は、

と語り、びわの葉療法の即効性、確実性、もろもろの症状に対応できることを列挙しています。

2.びわの葉療法の歴史

A.釈迦三千年の仏教医学

インドのお釈迦様の経典(仏典)のひとつ「大般涅槃経」(だいはつねはんぎょう)の中で、びわの木は「大薬王樹」、びわの葉は「無憂扇」と呼ばれ、大変優れた薬効があると伝えられています。例えば、「大薬王樹、枝、葉、根、茎ともに大薬あり、病者は香をかぎ、手に触れ、舌で舐めて、ことごとく諸苦を治す」と記されています。また、中国の明時代(1366−1644)に発行された「本草網目」(1956年、季時珍著)の中にも、びわの葉の効用についての記述があります。

B.奈良時代に仏教とともに中国から伝来

禅文化研究所の文献によれば、びわの葉療法は鑑真和尚(唐招提寺健立)が中国から日本に伝えたとされています。特に、時の天皇、聖武天皇のお妃の公明皇后が730年に「施薬院」(今の病院)を創設し、そこでも、びわの葉療法がおこなわれていました。一般には、お寺の僧侶が寺の境内にびわの木を植えて檀家の人々や村人に、びわの葉療法を行い、病人を救ってきました。しかし一般には「びわの木を庭に植えると病人が絶えない」とか「縁起が悪いのでびわの木を庭に植えてはならない」という迷信がありました。

3.びわの葉療法

びわの葉温圧療法<45分>2,000円 予約制

ユーフォリアQ2

E.遠赤外線式温圧器(ユーフォリアQ)

遠赤外線の熱でびわの葉エキスを蒸気化して皮膚から浸透させます。その結果、血液が浄化され、弱アルカリ体質に変わるため諸器官の働きや自然治癒力が活性化されると言われています。遠赤外線は他の熱源に比べて深達力が強く、エキス成分を多く吸収させることができます。実際に使ってみると、大変に気持ちが良いのが実感できることでしょう。もぐさを使わないので安価であること、灰や火の粉が飛ばず安全であること、などの利点もあります。このため、自宅やマンションはもちろんのこと、ホテルや病院などでも安心して使用することができます。

※指導もいたします。

●びわの葉茶

「びわの葉茶」は、優良なビワの葉を独自の技術で焙煎した、飲みやすくておいしい健康茶です。
 30パック入(写真手前。1,890円)と100パック入(徳用・写真奥。5,040円)
 の2種類があります。

※総額表示価格(税込)

びわの葉茶

優良なビワの葉を独自の技術で焙煎

ビワはその果実が食用になるばかりでなく、ビワの葉を煎じたものは「枇杷葉湯」(びわようとう)と呼ばれ、古くから健康飲料として広く親しまれてきました。太陽のエネルギーをいっぱい受けて成長した優良なビワの葉を独自の技術で焙煎し、飲みやすいティーパックにしてお届けします。健康茶というと、奇妙な匂いがしたり、不思議な味がしたり、とかく飲みにくいものが多いですが、「びわの葉茶」は違います。鮮やかなピンク色でわずかに甘みのあるまろやかな口当たり。お子さまからお年寄りまで、誰にでも美味しく召し上がっていただけます。混ぜものなし、ビワの葉100%の健康茶です。明日の健康のために、ご家族で毎日ご愛飲ください。

※そのほかの商品は下の商品一覧からご覧になれます。


お店